おせうゆの日記

リモート勤務で腰と首がやばいアラサーです

【DHBR100本ノック】980円の受験サプリは破壊的イノベーションとなるか

DHBRの記事をはてブ数が多い順に読んでいく【7/100】

www.dhbr.net


あらすじ(転載)

2011年10月のサービス開始からすでに無料会員が100万人を突破。受験生向け教育ビジネスとしては破格の安さ、月々980円という価格で既存の塾・予備校業界に切り込む。この安さを可能にしたビジネスモデルとは何か。責任者であるリクルートマーケティングパートナーズ執行役員の山口文洋さんに聞いた。

要約

  • 年間30万円〜50万円かかる一般の塾に対して、受験サプリは1万円程度
  • 進行する格差社会デフレスパイラルが止まるきっかけになるかもと思った
  • 当時韓国ではすでにオンライン予備校の"mega study"がデファクトスタンダードになっていた
  • 「安かろう、悪かろう」には絶対にしないことを決め、その代わりに教室・自習室という場所と対面授業のスタイルを捨ててコストカット

感想

 今はスタディサプリに名前を変えているこのサービスが流行り始めたとき、私はすでに大学に入学していて、ものすごくショックを受けたのを覚えている。

 というのも、私自身が母子家庭のそこそこ貧困家庭出身ながら県内トップの進学校で塾無しで頑張っていたからだ。忘れもしない3年生の夏、後ろの席の男子生徒に「なんでお前塾行ってねえの? お前の親って先行投資って言葉も知らないわけ?」と言われたのだった。

 結局私は志望校には行けなくて、滑り止めのMARCHあたりのアレに受かり、塾に生かせる金はないからと浪人は許されず(志望校は国公立だったので、最終的にはそっちに受かった方が安上がりだったんだが)、滑り止めに進学したのであった。

 私自身のそんな体験もあって、「これさえあれば私は志望校を諦めなくてよかったんじゃないか」と思ったものだった…。

 さて、表題の「破壊的イノベーション」についてだが、今回は前例があることだし、海外からの事例を国内に取り入れたタイプの事例だと思う。だが、それって破壊的イノベーションなんだったか。

 韓国がすでに前例ですと言われていると、novaな感じはあんまりしない。ただただ、きちんと情報網を張り、先駆者の例を観察し、丁重に吟味して社会に導入したような…そんな感じがする。

 日本から破壊的イノベーションは生まれないとかなんとか。最近の大きくて新しいものって、シリコンバレーとか、中国とか、そんなところで生まれている。そんなふうに嘆いている偉い人をよく見る気がする。

 破壊的イノベーションかどうかはともかく、また、スタディサプリが普及した影響なのかはわからないが、代々木ゼミナールはこの記事が出てから半年もしないうちに、校舎の7割を閉鎖した。理由は少子化や現役志向による浪人生現象などだったらしい。

 それを思うと、スタディサプリの取った徹底した低コスト化は、現在の市場状況にフィットした、真っ当な事業スタイルだったのではないだろうか。

(ちなみに、後ろの席の奴は慶應を片っ端から受けて、全然志望してない美術哲学? しか受からなくて、たくさん留年して、退学したらしいと風の噂に聞いて、普通にガッツポーズしました)